会わないパパ活が危険ではない理由って?

会わないパパ活を今すぐはじめたくなっても、今の世の中さまざまな詐欺被害に遭うなんて珍しくありません。
だけどパパ活であれば、パパからお金をもらうためにするわけですから1円も損しませんよね。

 

自らお金をパパへ渡すなんてことはまったくする必要がないわけです。

 

もちろん女性であればパパと知り合うために使う出会い系サイトはすべて無料なので、どこでお金がいるのか検討もつかないです。

 

会わないパパ活でよくある詐欺被害は?

 

ただし唯一パパを募集している女の子が自ら墓穴を掘ってしまうケースがあります。

 

掲示板やツイッターなどで自分自身の銀行口座番号を教えることですね。

 

赤の他人から突然お金が入金されてラッキーと思ってはいけません。

 

実は後日どこで情報を入手したのか電話番号・住所を入手しており、こちらに借金返済を迫るケースがあります。

 

押し貸しと呼ばれる闇金の手口

 

闇金の口調がたとえニコニコした態度だったとしても、利息100%以上の法外な請求金額を要求してきて、女の子が警察か弁護士に泣きつくまでむしり取ろうとしてきます。

 

もちろんすぐに銀行口座へ見知らぬ人から入金があれば、利用中の銀行へ相談しましょう。

 

もし振込依頼人から振込受取人に対して組み戻しをしてくる場合がありますので、お金を使ってしまわないようにしましょう。

 

また警察へも相談しておけばトラブルが起きたときに動いてもらいやすくなりますよ。

 

出会い系サイトでパパとあらかじめメッセージのやりとりを行い、1度でも会っておけば振込してもらえるパパを手に入れやすくなります。

 

最近だと遠距離のパパ(LINE通話やカカオトーク通話などでつながるパパ)を見つけることで、1度も出会う必要がない場合もありますけど、1度は会ってまず人となりを確認できた方が安心できることは間違いないでしょう。

 

振込パパからお金をもらっている体験談

 

私は都内に住んでいる19才の女子大生です。
最近コロナ禍の影響もあって私が勤めていたペットショップはあえなく閉店することになり、来月から無収入になることが決まっていました。

 

親もいるからすぐに生活が困ることはないけど、親だってコロナ禍で給料を3割近くカットされたと嘆いている身なので、私の力でどうにかしなくちゃと悩んでいました。

 

そこでパパ活ですよ、友達がすでにしているらしく毎月10万円ほどぱぱからもらっていると話してくれたんです。
ただし大人ありのお付き合いらしくパパ活すればお金はもらえるけど、日々太らないように気を付けたりと大変みたいでした。

 

私もお金をくれるパパが手に入るなら今すぐしたいとは思いましたけど、キモいおじさんとHなんてしたくないと思いました。
たとえダンディーなおじさまでも妊娠したときが最悪ですからね。

 

そこで名案が閃きました。
振込してくれるパパを探したくなったのです。

 

私はPCMAXという出会い系サイトでLINE通話だけで優しくしてくれるパパを募集してみました。
年齢確認が必須で保険証を運営元へ送信して、了承されてから使えるようになった出会い系サイトでしたけど、少し面倒くさかった分変なトラブルに巻き込まれる心配がなくなったと前向きに捉えてのパパ募集でした。

 

私は写真を3枚ほど掲載し、顔はマスク姿だけどランチ中のごはんなどを載せて素人感をたっぷりと写真で公開したこともあり、すぐにパパから連絡をもらえるようになりました。

 

48才の会社経営者のパパは、すでに頭はハゲておりバツイチのおじさんでした。
ただし毎日一人でいる時間帯が寂しいし元妻や子どものことを考えて気持ちが落ち込んでしまうからと、私とLINE通話だけでもしているとうれしくなると喜んでくれました。

 

なんと毎回30分足らずの会話だけで5千円ほどのお小遣いを入金してくれるといいだしたのです。
私も出来る限りLINE通話をしてあげたかったけど、新たなパート先を探す必要があると相談してから、パパが助けてくれるようになりました。

 

「今後ごはんへ行こう」

 

と誘われてはいますので、
「考えておくね!」
とはぐらかしつつもお小遣いの金額次第で出会うつもりにはなっています。

 

(東京都 19才 女子大生)

 

振込パパの作り方

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る